藤村克裕雑記帳
2018-07-12
  • 色の不思議あれこれ096
  • ゴードン・マッタ=クラーク展
  •  ぼやぼやしてたら、昨日、梅雨が明けてしまった。もう夏なんである。時間の経つのが早すぎる。ついこの間、いよいよ田んぼに水が張られる季節になった、とかなんとか書いたばかりだ。明日から7月だぞ!
     今日はもう、暑すぎて、気晴らしに散歩に出かけるくらいのことしか思いつかなかった。日差しが強い。つい日陰を探している。
     そういえば、と思い出していた。
     一昨日、竹橋の近代美術館に行って『ゴードン・マッタ=クラーク展』を見物した。実に面白くて、つい集中してしまい、そのうち、「寒い!」と気づき、しばらく我慢していたが、さらに頭が痛くなってきてしまった。それで、監視のお姉さんに、寒いので一旦外に出ることことはできますか? 日向ぼっことかしたいので、と尋ねてみた。こういうことはダメ元なのである。そうしたら、半券を提示すればオッケー、受付に肩掛けの準備もある、と丁寧に教えてくれた。で、一旦外に出て、日向ぼっこをした。実にお日様がありがたかった。なのに、その次の次の日の今日は、こうして日陰を探している。つづく→
  •  
  • [ 藤村克裕プロフィール ]
  • 1951年生まれ 帯広出身
  • 立体作家。
  • 1977年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。
  • 1979年 東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻修了。
  • 内外の賞を数々受賞。
当サイトに掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は編集著作権物として著作権の対象となっています。無断で複製・転載することは、法律で禁止されております。