HOME > 株式会社名村大成堂 登録商品LINE UP > 株式会社名村大成堂紹介

株式会社名村大成堂
  • 名村大成堂は、昭和15年(1940年)に創業し、書道筆、日本画筆、水彩油彩筆などの製造販売を始めました。
    同時に、製造販売のみならず製品の品質向上を目指して、製筆技術の研究も独自におこなうために日本毛筆研究所を設立しました。
    昭和24年(1949年)には、初代社長の名村春雄が当時の文部省(現在の文部科学省)から文部省学童資材審議委員の辞令を受け、毛筆画筆の専門委員として規格制定等に努めてきました。
    このように名村大成堂は、創業当時から現在の日本の筆作りに繋がる、品質の向上とその維持に大きく関わって参りました。
    そこには、高品質を信条とした名村筆の技術が大いに寄与しています。
  • 《取扱商品》
    油彩・水彩・日本画・デザイン・書道筆
    オリジナル絵画材料含む総合画材アートカラー製品
名村大成堂
筆づくりの極意
名村の筆には、製筆技術を研究してきた中で培ってきた様々なこだわりがあります。
この高い製造技術を要する製法を代々継承しているので、創業時から変わらない優れた高品質な油彩筆を作り出しています。
当サイトに掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は編集著作権物として著作権の対象となっています。無断で複製・転載することは、法律で禁止されております。